wav.mode-4(wanderin' voyager version4.2 beta)
2017年12月31日土曜日、小雪。
Time is up! and,
2017年、今年も本当に色々とありました。
と、笑えるくらいな常套句ではあるけれど、この「いろいろ」が毎年本当に違っていて本当に笑える。

ただ、今年はこれまで以上に体力とか気力とか、そういうものを擦り減らした1年だったかな、って正直思う。
まぁ、半分は自業自得で、もう半分は…環境のせいだったのかな。
まぁ、何があったかについてはここで書くのもアレなのでやめときますが、
ただ良くも悪くも「いい経験になりました。」とは記しておきましょう。

今年はどんな年だったのか。正直言って、うまいこと纏めることはできない年なのかもしれない。
1分、1時間、1日、1週間、1ヶ月。
色んなことが目まぐるしく動いて、気がついたら1年間の最後の日だ。
これをコントロールするのが来年以降の課題か。たぶん前もおんなじ事考えたと思うけど、
年の終わりに改めて文字として残しておきましょうか。

ただ、終わったものは仕方がない、という風に思えるようになってきたのは今年の変化か。
泣いたって叫んだって暴れたって、2017年は戻ってこない。時空が歪んで時間が戻るのならば
それをやる意味はあるかもしれないけど、現状起こりえないことだし。
だったら、その後ろ向きなエネルギーを放つノズルを前に向け直したほうがものすごい意味のあるものになるはず。

自分は元来物事を後ろ向きに考える側の人間。気がついたら言い訳考えて物事をやらない方向に持っていってしまう。
それで色々と失敗して、痛い目見て、じゃあどうすれば、と考えて。そしてまた失敗して、の繰り返し。
そんなことをしているうちに、どうやら自分はノズルを逆に向けるということに気がついたみたいで。
今年は正直、レッドゾーンの限界ギリギリまで近づいていた節があったけど、あと一歩踏みとどまれたのは
この方法を知っていたからなのかもしれない。もし知らなかったらそのまま振り切れて…どうなってたんでしょうね?

その、いわゆる死線?三途の河?を見たからかどうかはわからないけど、ひとつ考え方として、
「絶対に離れたくない」という考え方から、時と場合によっては離れるというのも最適解になるんだろうな…
という風に思うようになった。
まぁ、これが何を意味するかはご想像にお任せします。

そんな2017年もまもなくおしまい。終わりなんです。
やり残した事はないか?今年の始めに計画した事、全てやりきったか?
。。。この質問に、胸を張って”Yes!"と答えられる人、地球上におよそ75億人いる中で
…何パーセントいるんでしょう。自分は、胸を張って"No!!!"と言う自信があります(ぉ
多分、二度と目が覚めなくなるまでYesなんて事は言えないでしょうね。

後悔の念は、もう少しでやってくる2018年への手土産として包んでおきましょうか。
来年の自分が良いように調理してくれるはず。

そしてここまで書いて、来年が楽しみになっている自分がいる事に気がついた。
特にアレがあるからコレがあるから、という訳ではないけれど、一度リセットして物事が始められる、
という事にわくわくしているのかもしれない。 今年の自分を振り返ろう、というよりも来年どうしてくれよう、と思う自分が在る。
もちろん、全てが思い通りに行くわけがないし、期待もしない。ただそんな中で「どうしよう」ではなくて、
どうしてくれよう?って思うようになったのは今年の大きな収穫かもね。
そういう風には、ひとりでは絶対思えなかったはず。そう思わせてくれたのは、今年1年自分と何らかの形で
関わってくれた人達のおかげ。本当に感謝。そしてまた来年もよろしくね。

(2017年12月31日、21時30分)

menu

infomation

notesarchive

わか ば 印の くるまの 話。
(新・車関係blog)

post


訪問者数